低価格住宅の評判や口コミは?低価格住宅で新築したお話

低価格住宅.com

低価格住宅でマイホーム作りをしたお話や体験談、失敗談です。

低価格住宅ってすぐにボロボロになるって本当?

色々な掲示板や、コメントでよく見かけた内容でちょっと気になった事は、「低価格住宅はすぐにボロボロになるからリフォームが必要になって結局高いですよ!」という内容です。

具体的な内容が書かれていない事が多いので、「何となく低価格住宅はダメなのかな?」というイメージになるのですが、家のどの部分がどのようになってボロボロになるのかがさっぱり分からないという側面もあるので、「匿名性が高いので、適当な事を書き込んでるのかなぁ」という気もしますし、正直どっちが正しいの?と感じていました。



壊れた住宅

ちょっと見かけた低価格住宅の耐久性の詳しい内容

書き込みの中で多くは無いのですが、たまーに具体的に低価格住宅がボロボロになり易い面について書かれているのが、「10年位で屋根がダメになって雨漏りしますよ」とか「断熱材はグラスウールを使用しているから、湿気を吸い込んですぐにカビだらけになって中から家がボロボロになりますよ」という書き込みが多く見られました。

そこで、色々な低価格住宅の状況を見ながら「そこまで酷いのかどうかを調べてみる事にしました。」



低価格住宅の口コミ

屋根について

低価格住宅の屋根でよく使われているのが、ガルバリウム鋼板やスレートの屋根です。「10年位で雨漏りする屋根ってどちらだろう?」と調べてみたのですが、どちらの屋根も耐用年数は30年以上で思った以上に長い事が分かりました。

しかも30年で色が少し変化してしまうというお話ですので、屋根としての性能がダメになるお話では無いみたいで、流石に10年位で雨漏りって大げさすぎじゃないの?と思ってしまいました。確かに施工が余程酷ければ雨漏りが起きる可能性はありますが、例え低価格住宅であったとしてもそこまで酷い屋根の施工をする業者は極少数でしょう。というかそんな業者はすぐに潰れる気がします‥

ちなみに我が家はスレート屋根で施工しましたが、雨漏り等は一切起こっておりません。




断熱材について

断熱材については、家の中の見えない部分ですので、正直どんな状態なのかというのは分かりません。よく言われるのが低価格住宅は施工が酷いから湿気が壁の中に侵入して、グラスウール断熱材の中に蓄積されるというお話です。

 

グラスウールについては、実は大手ハウスメーカーでも頻繁に使われている断熱材ですので断熱材自体に問題はありません。大きな問題はグラスウールをしっかりと施工しているかどうか?という事になります。

低価格住宅であろうと大手であったとしても、施工する業者が歴史が長く、施工品質が高いかどうかに左右される問題と言えます。また、最近は壁内換気が普通で、防水シートと外壁の間に隙間を設けそこに空気の通り道を作って24時間換気を行っています。

この24時間換気は、低価格住宅でも普通に施工されていますし、歴史の長いハウスメーカーが施工する低価格住宅であれば安心と言えるでしょう。我が家の場合は発砲ウレタンフォームでしたので、グラスウール断熱材ではありませんでした。



低価格住宅の断熱材

その他もろもろの家の寿命

ほかの部分で、家がボロボロになり易い場所と言われると「水回りが汚れやすい」と言えるでしょう。湿気が常にある場所ですと、どうしてもカビが発生してしまいますし、一応防水処理は施していますが何年か経過するとその効果も薄れてきます。

ただし、汚くはなるけどボロボロに壊れるという事は例え低価格住宅であったとしても発生しません。こればっかりは大手であろうと同じですし、家の寿命とは全く関係ありませんね。



低価格住宅のキッチン

本当に低価格住宅がすぐボロボロになるのなら?

もう低価格住宅が販売されるようになって10年以上は経過しております。最近は街中やチラシでしょっちゅう宣伝を見かける様になりましたが、本当にそんなに酷い施工をする業者が低価格住宅には多いのでしょうか?

もしそんな業者が多ければもっと「写真付きのコメント」や「写真付きで細かく紹介しているブログ」というのが沢山あると思いますが、実際にはコメントで書き込まれているだけというのが殆どで、写真付きで細かく紹介されているサイトはごくごく少数ですし、しかも低価格住宅メーカーで無い事も多い状況です。



ネットの書き込み

何となくという憶測やライバル企業

低価格住宅の悪い書き込みが良く見かけられる原因の一つに、「安い=品質が悪い」という一般的な考えと、大手などのライバル企業の書き込みも影響しているのでは?と感じました。我が家の低価格住宅で新築してから3年以上経過しますが、特に問題はなく住み心地は良いですし勿論雨漏りも発生しておりません。




低価格住宅の耐用年数は?

結果的に、低価格住宅の耐用年数は30年以上あると考えて良いと思います。というのも屋根も外壁も断熱材も大手メーカーと全く同じ物を使っていますし、どの場所も30年~50年という非常に長持ちする部品を利用しているからです。

流石に、施工が酷くてグラスウールが結露して中から腐ってくる住宅は話が別ですが、ある程度地元などで実績のある工務店が施工されるのであれば、信頼度は高いと言えるでしょう。

やっぱり低価格住宅と言えども、施工業者のチェックは欠かせませんね!

ページのトップへ戻る