低価格住宅で新築すると売れない?低価格住宅で新築したお話

低価格住宅.com

低価格住宅でマイホーム作りをしたお話や体験談、失敗談です。

低価格住宅は結露が酷い?

結露が酷いパターンと、結露が起きないパターンに二分される様子です。結露が酷いパターンについて紹介したいと思います。

ペアガラスでは無い場合

最近は低価格住宅でも、複層ガラスが基本ですが中には複層ガラスが基本ではない低価格住宅が存在する可能性も否定出来ません。私自身がいろいろと調べた業者はすべて複層ガラスでしたので、正直複層ガラスではない業者は存在しない可能性も否定出来ませんが、一応チェックはしておいたほうが良いでしょう。

もちろん、複層ガラスでなければ窓ガラスは必ず結露してしまいます。



結露した窓ガラス

樹脂サッシで無い場合

窓ガラスのフレームが樹脂ではなく金属の場合は、フレーム部分が結露してしまいます。これは、低価格住宅であれば複層ガラスだけど樹脂サッシではないパターンが結構ありますので、チェックしたほうが良い項目です。

金属部分は縁の部分ですので、大きな面積を占めるわけではありませんが、毎日結露してしまうとやっぱりカビの巣窟になってしまいます。樹脂サッシの方が熱を伝えにくいですので、その差は結構大きいです。



結露した窓ガラス

24時間換気で無い場合

これも、最近の低価格住宅でも24時間換気がスタンダードとなっていますので、従来の換気システムになっている可能性は低いですが、低価格住宅メーカーも千差万別で昔ながらの換気システムを採用されているメーカーも存在する可能性があります。

建物の換気が十分でないと、室内に湿気がこもり結露の原因となってしまいます。結露が酷いと言われている方の多くが、やっぱり換気扇から遠い場所で結露が多い傾向があります。24時間換気は本当にゆっくりとした換気ですが、結露に対しても意外と侮れない効果があります。

わが家の低価格住宅の結露の状態は?

わが家は、樹脂サッシで複層ガラスですが窓ガラスの結露はほぼない状態です。流石に全くないわけではありませんが、湿気がこもりやすい部屋だと縁の方に少しあるかな?程度の結露をします。 もちろん結露しにくい部屋は全くと言っていいほど結露しません。

この状態は冬でも同様です。低価格住宅といっても、家の素材は大手ハウスメーカーとあまり変わらない事が多く、窓ガラスも大手メーカーの商品を利用していますので、当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。



樹脂の複層ガラス

窓ガラスの種類はしっかりチェックしましょう

殆どの低価格住宅メーカーで、複層ガラスが採用されていますが、万が一という可能性もありますし、窓ガラスが結露するかどうかはカビやダニの発生しやすくなるかどうかに直結していますし、住み心地に大きく影響する部分でもあります。

結露をしない仕様のハウスメーカーだったとしても、窓ガラスだけ複層ガラスに変更するだけであればどんなメーカーでも対応可能でしょう。 しっかりと新築する時にチェックして施工してもらう事をお勧めいたします。

ページのトップへ戻る