低価格住宅の評判や口コミは?低価格住宅で新築したお話

低価格住宅.com

低価格住宅でマイホーム作りをしたお話や体験談、失敗談です。

低価格住宅の平屋はお勧め?

低価格住宅を検討する時に、平屋も一応候補にあげておりました。

というのも、最近の平屋は北欧ナチュラルな平屋やちょっとカフェ風の平屋とかオシャレなイメージがありましたし、老後も楽に過ごせて、2階建てより安く建てられるのでは?というちょっと安易な考えからでした。

低価格住宅の平屋を検討する時に

低価格住宅の平屋の候補をあげる時にいくつかのハウスメーカーで検討しておりました。どのメーカーも平屋でも結構いいかなぁと思えるようなプランやデザインでした。

パパまるハウスの平屋

ちょっと気になったパパまるハウスの平屋です。独自の換気システムを使っていたりして、家の性能は非常に高そうな感じでした。中もちょっとおしゃれで700万円台から建てられる感じです。

ただ、広めの平屋になると軽く1000万円こえますので、予算的にちょっとダメでした。高性能でお手軽な平屋が良い方にはいいハウスメーカーかもしれません。

⇒パパまるハウスの平屋はこちら

BinOの平屋

スキップフロアを利用したお洒落な平屋が特徴のBinO。平屋の空間を上手に利用していて、遊び心あふれる作りにすごく惹かれた平屋です。

すごく楽しそうに感じたのですが、子供がいるとプライベートがちょっとネックになるかなぁという理由から採用しませんでした。老後のセカンドハウスや別荘など、色々な用途がありそうな平屋です。

自然の中に建てられれば、更に素敵な住まいになりそうです。

⇒BinOの平屋はこちら

低価格住宅の平屋を更に調べていくと

ただ、低価格住宅の平屋を色々と深く調べてみると、【坪単価は平屋の方が高い】という現実にぶつかってしまいました。

老後の住まいとして新築する場合は良いのですが、これから子育てをしていく事を考えると「平屋で広い住まいはかなり割高になってしまう」という事がわかりました。

家を建てる際に、基礎や屋根の部分が高額ですし、電気を引きこんだり浄化槽を設置したりと設備の部分では平屋も二階建ても一緒というのが大きいというお話でした。

家自体が『施工面積が広がる程坪単価は下がる』性質を持っていますので、当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

土地があれば良いですが

平屋で居住面積を確保するには、どうしても広い土地も必須です。もともと広い土地があって、資金を新築の方にまわせるのであれば良いのですが、我が家では土地と建物の両方が必要ですので、「安いかなと思って検討した平屋ですが、資金的に難しいなぁと感じて断念する。」という本末転倒な結果になってしまいました。

子供一人なら平屋もあり?

子供を一人しか育てない!!と決断したのであれば、我が家も平屋でも良かったかもしれません。

ただ、人生はいつどんな所で方向性が変わるか分かりませんし、最初は一人で良いと思っていても実際に子供を育ててみると「もう一人位欲しいなぁ」と考えが変わる可能性もありますので、やっぱり平屋は我が家ではリスクが高そうでした。

平屋をやめて普通の低価格住宅で

結果的には、検討はしたのですが平屋での低価格住宅は居住面積が確保出来ないという理由と、思ったほど安くないという2つの理由から断念しました。

ページのトップへ戻る