低価格住宅のデメリットについて、低価格住宅で新築するのはやっぱり怖い?

低価格住宅でマイホーム作りをしたお話や体験談、失敗談です。

低価格住宅のデメリットについて

【安い=不安】という何とも言えないデメリット

私が低価格住宅で新築した時もそうですが、「低価格住宅って本当に大丈夫なの?」とか「安かろう悪かろうだったら取り返しがつかないのでは?」とか、良く掲示板に書き込まれているように「すぐにボロボロになって何百万単位のリフォーム費用が掛かりますよ」という、よく分からない不安というのが掻き立てられます。

低価格住宅が掲示板などで良く叩かれる理由の一つに、「低価格という漠然とした不安」が背景にあるのは間違いないでしょう。

私も、最初は低価格住宅のチラシを見ても「どうせちゃんとした家は建たないんだろう」と思って良く見ていませんでした。しかし、何回も低価格住宅のチラシを見ているうちに「あれ?この施工業者も低価格住宅をやってるの?結構良いとこじゃないの?」というのを見かけてから少しずつ考えが変わってきました。



考える女性

ブランド価値は皆無

低価格住宅で新築しても、ブランド的な価値は無いといえるでしょう。ただ、低価格住宅はあまり認知度が高くないですので、「こんなハウスメーカーもあるんだ?」程度であまり良く分からないというのが普通かもしれません。

テレビで宣伝をよく行う大手ハウスメーカーで建てれば、「へ~こんな有名なハウスメーカーで建てたんだ~」という、何となくですが良いイメージや印象になりますが、低価格住宅メーカーにそういう内容を要求するのは難しいといえますし、逆に広告費を掛けてしまえば低価格で住宅を施工出来なくなってしまうでしょう。



大手ハウスメーカーの家

取り扱いの無い仕様は高くなってしまう

低価格住宅の多くは、仕様や間取りを制限する事でコストカットを図っています。当然その企画から外れてしまうと高くなってしまいますし、場合によっては割高になる可能性もあります。

ただ、最近はゼロキューブの様に低価格住宅でも非常に多彩な仕様に対応している企画も存在していますので、そういう低価格住宅であれば割高になるリスクは低いと言えるでしょう。



家づくりを考える夫婦

施工品質に影響がある可能性も?

家づくりで、最も重要と言っても過言では無い内容が、【施工品質】と言えます。例え同じ材質の家が建っても、歪みがあってドアや扉の立て付けが悪かったり、床が音鳴りしていれば大問題です。

低価格である関係上「施工品質に問題がある可能性が高いのでは?」と思われがちですが、こればかりは施工業者がどんな業者であるかという事に左右されますので、必ずしも施工品質が悪いとは言い切れません。

最近では、地元で歴史を重ねてきた家づくりのエキスパートの企業が低価格住宅プランを打ち出していたりしますので、そういう企業であれば施工品質は大丈夫でしょうし、逆にどこの企業か分からない会社がパット出てきて低価格住宅を提供している場合は、実際に施工する業者をしっかりとチェックしないとリスクが高いと言えます。



施工中の家

打ち合わせの時間や回数が少ない傾向にある

低価格住宅では、仕様や間取りがある程度制限されていますし、追加できる仕様も限られている可能性が高く打ち合わせの回数や時間が少ない傾向にあります。 この事は人件費の削減に繋がり、家の品質を下げずにコストカットを出来るメリットを生み出しますが、逆に「打ち合わせがシンプルね‥」と感じる可能性もあります。

また、マイホームに住み始めてから「こんな仕様は付けておいた方が良かったかなぁ」と後悔する可能性もないとは言い切れません。

低価格住宅には、コスト的なメリットはありますが「あんな仕様もあった方がいいなぁ」とか「あんな設備は便利ね」とウインドウショッピングで買い物を楽しんでいるように、あれこれとハウスメーカーで選ぶ楽しみは少ない可能性があります。

勿論、最近では低価格住宅でも様々なプランや仕様を提案されているメーカーが増えていますので、打ち合わせを楽しみたい方はコスト的には少しアップする可能性はありますが、プランが多い低価格住宅メーカーをチョイスしましょう。



打ち合わせの様子

アフターケアーは手厚くない傾向がある

低価格住宅メーカーの傾向としてアフタケアーはあまり手厚くない傾向があります。 私自身も低価格住宅で新築しましたが、最初の1年目はアフターケアーに来られましたが、それ以降ケアーに来られることはありませんでした。

「何か不具合があればご連絡下さい」という事は言われましたので、完全に突き放された訳ではありませんが、ちょっと寂しい気持ちもあります。 まぁアフターケアーに人件費をさけるほど低価格住宅メーカーには余裕が無いのかもしれません。 この辺りは、「低価格にそこまで期待をしてはいけない」のかもしれませんね。



アフターケアーの様子

低価格住宅のデメリットまとめ

低価格住宅の、一番不安なデメリットはやっぱり【施工品質】と言えます。家を作る材料や、システムキッチンなどの仕様は大手ハウスメーカーと遜色ありませんが、しっかり施工して貰わなければ意味がありません。

逆を言えば、施工品質が高そうな低価格住宅メーカーも多く存在しますので、信頼出来るハウスメーカー選びが低価格住宅のデメリットをほぼ0に出来るかどうかのポイントと言えるでしょう。

そういった意味でも、信頼出来るハウスメーカー選びはとても大切です。低価格住宅でも安さに飛びつくのではなく、信頼度もしっかりと確認しながら契約する業者を選びましょう。

ページのトップへ戻る